インドネシアが新型コロナウィルスの少ない理由

インドネシアで新型コロナウィルスの感染が少ない理由は、

  1. イスラム教の国で日頃から女性がスカーフをしているので、少なくとも女性からのくしゃみなどによる飛沫感染のリスクが少ないので、ざっくりと感染リスクは、半分でしょう。もちろん、全員がスカーフをしているわけではありませんが。
  2. 暖かいので、くしゃみなどは出にくいです。
  3. サンシャインの恩恵で、野菜の生命力が溢れています。
  4. 婚前交渉や婚前同棲が法律で禁止されています。(2019年9月法案可決)

2.と3.の合わせた理由について

  1. 栄養価の高い野菜を食べていれば、免疫力が高くなります。
  2. 四季のある日本の冬物野菜と違って、暖かいので、化学肥料が年がら年中抑えられるので、硝酸態窒素のエグミが少く、体に入っても赤血球を傷つけることが少ないです。赤血球が足りてなければ、呼吸は荒くなるのですが、赤血球が足りていると思われるので呼吸は荒くなりません。→飛沫感染のリスクが減ります。

4.の理由について

法律で規制したからといって、若者の性交渉がどうにかなるとは、思えませんが、世界中の新型コロナウィルスのニュースなどにより、インドネシアでは、従来のイスラム教の教えを見直すきっかけとなり、不用意な接触が抑えられたと考えられます。

あくまで仮設ですから、元の記事を下に貼っておくので是非見て下さい。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030200725&g=int