ホリエモンは汚染されていない野菜で育った

ホリエモンといえば、福岡県で育ったことは、有名ですが、大麦やお茶の葉の有機栽培などで有用な八女市出身ということと、家の有機野菜を食べて育ったということで、脳が全く汚染されていなく、脳の神経系も極めて良好な状態だったので、高校3年生の夏からの猛勉強で東大文学部に受かったのだと思います。

八女市は、名水100選に選ばれる清水湧水でも有名な様です。

パン食の人は、受験向きでない理由は、食パンは、精白されたデンプンの固まりにすぎず、極めて栄養が欠落していて、気持ちをコントロールするセロトニンなどのホルモンが作れず、持久戦に向かないからです。過剰な糖質の摂取によって、終末糖化産物AGEが蓄積し、老人斑や、アミロイドβが脳に蓄積するので、家でも学校でもパンを食べている学生は、若くして、痴呆気味なのです。

あと、そもそも、頭が悪いのではなく、頭がないのです。

パン食の人は、パンを食べることしか考えないから人間とは程遠いです。