ヘンププロテイン

ヘンププロテイン。

欲しいな!

タンパク源として、日本の畜肉は危なすぎるので、オーガニックのヘンププロテインを買ったよ!

迷ってるよりも、健康を選びました。マイプロテインの紹介コード貼っておきますね。下から買うと安くなります。是非使ってみてね!

https://www.myprotein.jp/referrals.list?applyCode=6281-R1

この国の畜産終わっているからね。

セブンイレブンは、廃棄弁当を回収し飼料として、鶏に与えた卵をセブンプレミアムの卵(どこがプレミアムなのか説明して欲しい)として販売しているし、平和堂も、廃棄弁当を豚の飼料にしているし(あじわい豚として販売 できればあじわいたくない豚)、歴史を見れば共食いをさせることは、かなり危険極まりない行為で、豚コレラや狂牛病などの疫病の広がりを高める可能性があることは分かっているので、普通の神経をしていれば、そんなこと出来ないのですが、いとも簡単にそんなことをやってのけるのが、怖いですね。食品会社は、国民の生命の売人です。もしくは、国民を実験台位にしか思っていないです。

下に「よい品販売します 平和堂 株式会社」のPDF貼っておきますね。リンクからの方がより見易いです。

売れ残った弁当は分別されたものが液状飼料になっています。とありますが、どこまで分別されているか分からないですからね。ちょっと怪しい。いやかなり怪しいです。

 

犯人はまたしても中国である可能性が高い

最初の発生、つまり岐阜県での昨年9月の発生は、旅行者が海外から豚コレラの病原体であるウイルスを運んできたと考えられている。旅行者がウイルスの付着した豚肉などの食品を日本に持ち込む。その食品を食べずに残飯として捨て、それを野生のイノシシが食べてイノシシの間で感染が広がり、さらに養豚場の豚に感染していったらしい。イノシシは山中から人里に下りてきて畑を荒らして作物を食べ、ゴミもあさる。近年、こうした被害が増えている。豚コレラは豚やイノシシの間で伝染する感染症だ。当然、イノシシからブタに伝染する。農林水産省によると、感染が確認された5府県のうち、岐阜県と愛知県の野生のイノシシ140頭から豚コレラウイルスの感染が確認されている。また養豚場などで検出されたウイルスの遺伝子のタイプは、中国やモンゴルで検出さているものにかなり近い。犯人はまたしても中国である。

記事拝借先  https://president.jp/articles/-/27697

これらの原因で中国旅行者を責めるなら、プライベートブランドで安全を謳いながら極めて危険の可能性が高いものを売る会社の方を責めるべきではないのかな。これは、止められるものね。