風邪ウィルスの存在意義

かかるときかかるのが最善の妙策ね。(防ぎようがないからかかって本当の免疫力を得る。)もちろん、狂犬病のように致死率100%とというのもあるから、ワクチンを完全に否定しているわけではないです。

今回の新型コロナウィルスの件について

放っておいて死んでしまうのはあきらめるしかないです←これを言うととんでもないことになるが。

それは、ウィルスが人間の体の毒を一生懸命追い出そうとした結果なので、予防に努めてなかった人が悪い。少なくとも、80代のネットの使えない世代は、為す術がないのでしょうがないですが、50代や60代、70代でネットがバリバリ使えるのに、食品添加物や薬、ワクチンについて調べずに、ろくでもないものを日頃から口にしているのでは話にならない。もちろん、ダイヤモンドプリンセス号のように閉鎖空間に閉じ込められ、ろくでもない食事しか与えられなかった場合のように、船から降りたくても降りられなかった人は全く悪くない。

感染症の本質

基本は腐敗体質を改善するための浄化作用を微生物群が手助けをする。

風邪=悪は、過去の歴史のものになります。

風邪は体内の浄化作用があるありがたい掃除屋さん

ただし、ゴミが多いと大掃除しても、その大変さでやられてしまう人がいます。

本当の予防は体内のゴミを少なくすること。
ゴミを新たに入れるのを少なくすること。
大きなゴミになるのがお薬という毒。
もちろんワクチンも同様。